青森県内の司法書士有志で組織する、司法書士事務所の広域ネットワーク

ブログ・ SNS

HOME  > ブログ・ SNS  > 久保 隆明

 
ホテルに泊まっても朝は雪かきからです。
 

久保 隆明さんは六ヶ所村にいます。

片道2時間弱かけて、雪深い六カ所村まで追加設定書類と家屋証明を取りに来ました。
珍しく晴れてて、助かりました〜
 

今日から事務所のHPがリニューアルされました。
中身は変わっておりませんので、お暇なときにご覧下さい。

はじめてのふるさと納税
父の故郷
私の本籍
枕崎
SHOCK‼︎

2020年11月20日民事法研究会より「新しい死後事務の捉え方と実践」という書籍が発刊されました。私もその執筆者の一人です。この本は司法書士、弁護士向けの実務書です。

2020年11月20日発刊

近年相続についての関心は高まる一方です。
司法書士は相続による不動産の名義変更登記だけが仕事ではありません。

生前贈与や遺言書の作成。
民事信託スキームの立案、契約支援。
認知症対策としての成年後見・任意後見制度の利用支援。
身寄りのいない方の死後直後の事務(葬儀や医療費などの支払い、施設の明け渡しなど)に関する支援。
金融機関などの預貯金の解約や相続人への分配を行う遺産承継業務。
相続人の協議がまとまらない場合の遺産分割調停申立書作成。
家庭裁判所への相続放棄申述書の作成。

皆さんが想像するより、司法書士はいろいろなことができるのです。

相続対策は早すぎることはありません。
ちょっとしたことでも構いません。
是非ご相談下さい。

===========

この投稿は、次のページから転載したものです。

・ マイベストプロ青森 コラム

「がんばれ!」のニュアンスが世代によって違う・・・
言われてみればそうなのかもしれないな。
おー
私が大学1年時、現千葉ロッテの井口監督が4年生。大学屈指のスラッガー。大学日本一になり、学食で確かサービスランチ(サビラン)が振る舞われたことを思い出しました。
また、快進撃が続くこと期待しています❗️
①市民後見人養成講座第3巻
②未成年後見の実務
そして、
③「新しい死後事務の捉え方と実践─「死を基点にした法律事務」という視点に立って」
という3冊目の書籍が11月20日に民事法研究会から発刊されます。
今回は、執筆者の幹事として、執筆者集めから、原稿管理まで担わせていただき、ようやく日の目をみるところまできました。とにかく発刊まで持ってこれたことに肩の荷を下ろしています・・
私に出版社から最初に声がけをいただき、その際、地元東北の司法書士で書き上げたいと思い、執筆者を探しました。そして、八戸から3名、仙台から1名の計5名で書き上げました。「地方にもそれなりにできる司法書士はいるんだ」というところを見せたかったわけですが、本当に執筆陣にはご苦労をお掛けしました。
司法書士、弁護士向けの相続実務書となりますので、一般の方があまり手に取るものではありませんが、これから目指すべき司法書士像というものが読み取れればと考え、校正してきました。
相続の分野において、業務範囲が格段に広がっている司法書士。「相続の専門家」と周りからきちんと評価されるよう、日々精進していきたいと思います。
久保 隆明さんは青森県労働福祉会館にいます。
感染対策バッチリにして、第1回会員研修会。

HOME  > ブログ・ SNS  > 久保 隆明

【あおぞら法務ネット】  >トップページ  >加盟事務所  >更新情報  >ブログ  >SNS