青森県内の司法書士有志で組織する、司法書士事務所の広域ネットワーク

SNS

HOME  > SNS

【年末年始の休業日のお知らせ(弘前あおば)】 当、あおば登記・法務事務所(弘前市)は、2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)の期間を、年末年始の休業日とさせていただきます。 新年は、1月4日(月)から平常通り営業いたしますので、宜しくお願い申し上げます。  

 

SHOCK‼︎
2ヶ月ぶりのパーマ屋からの
ゴイゴイスーなレインボーの流れ。
「がんばれ!」のニュアンスが世代によって違う・・・
言われてみればそうなのかもしれないな。
こりゃ、ゴイゴイスー。
 
何か当たった、流れ。
 

「タムロン、希望退職200人募集 国内工場人員の4割」/日本経済新聞
これは、地域経済にとっても残念なニュースですね。
タムロンさんの(特に近年の)レンズはとても評価が高く、業績堅調とみられていただけに、今回のニュースは全国の業界関係者から驚きをもって受け止められているようです。
なお、タムロンさんにとって、弘前工場がどれだけ重要な役割を担ってきたかについては、「YOUのデジタルマニアックス」さんの、
のページをご参照ください。とても分かりやすくまとめていただいています。
やっぱり、以前にご提案
したとおり、弘前市でもタムロンさんのレンズを「ふるさと納税」の返礼品に指定するなどして、大いに支援して欲しいなぁ。
おー
私が大学1年時、現千葉ロッテの井口監督が4年生。大学屈指のスラッガー。大学日本一になり、学食で確かサービスランチ(サビラン)が振る舞われたことを思い出しました。
また、快進撃が続くこと期待しています❗️
わかば法務事務所所属の久保司法書士が執筆を担当した書籍「新しい死後事務の捉え方と実践─「死を基点にした法律事務」という視点に立って」が民事法研究会から2020年11月20日に出版されます。
執筆陣は久保司法書士を含む八戸市内の司法書士4名と仙台市内の司法書士1名の5名です。内容は死という時点を基点にした前後において執りうる法律上のメニューを適切に相談者に提供することができるように実務上のアドバイスを中心に記した書籍です。
対象は司法書士(や弁護士)向けとなっていますので、一般の方が手に取る書籍はありませんが、司法書士という士業は日々進化していることがわかってもらえればうれしいです。
遺言、生前贈与、民事信託、死後事務、遺産承継業務、成年後見、任意後見など、さまざまな相続に関する対策については、是非わかば法務事務所にご相談下さい。

HOME  > SNS