青森県内の司法書士有志で組織する、司法書士事務所の広域ネットワーク

ブログ

HOME  > ブログ

去る10月2日、平成25年度司法書士筆記試験の合格発表がありました。

司法書士試験の最終関門となる口述試験。本年度は10月15日(火)に実施され、1人約15分の口頭試問が行われます。

もっと早くアップしようと思っていましたが、今日から4回に分けて口述試験体験記を掲載します。特に第3回目は受験生ならずとも必見です!

【口述試験までの過ごし方】

筆記試験の合格発表後Wセミナーの口述試験対策レジュメをもらい、口述模試の申し込みをしまた。

口述試験は受けさえすれば、99.9パーセント合格するとは聞いていましたが、本番で全く答えられず、最終合格発表日まで「もしかして落ちるかも」と、落ち着かない日々を過ごすのも嫌なので、この対策レジュメには一通り目を通しました。

しかし、Wセミナーでの口述模試ではほとんど解答できなかったため、かなり危機感を募らせ、結局レジュメは4・5回繰り返しました。

なお、口述試験をジーパンで受験したため、不合格になった人がいる、という話を聞いたことがありますが、真偽は不明です。

三連休の最終日、今日は外出せずに(花の慶次)を読んで歴史の勉強をしましたw

秀吉が朝鮮出兵を決め、先陣を命じられたのは、殆どが九州のキリシタン大名であり、それはキリスト教の布教そして朝鮮・明国の支配を目論むイスパニアの策略である、というくだりに興味をもちました。


それでは続きをどうぞ!


【試験を終えての感想】

過去の体験記を読んで、この問題は必ずでるだろうと思っていた問題が出ず、予想もしない清算人の問題が出題されたりして、一瞬慌てる場面もありました。

しかし、不完全ながらも何か解答することにより試験官の助け船が出て、ほぼ解答することができました。

基本的な挨拶・礼をするのは当然ですが、試験官の質問をよく聞き「分かりません」と言わないことを心がけました。

明日が試験日ですか、あとあと余計な心配をしない為にも、最低レジュメを5回は繰り返したほうが良いと思います。

今から一夜漬けでも十分間に合いますよ。

動産譲渡登記の依頼を2件受けました。
かれこれ10件以上の経験がありますが、非常に神経を使います。

その理由の1つとして、不動産・商業登記で認められている「補正」が一切できないからです。例え軽微な間違いであっても、即取下げという怖ーい登記です。


【以下法務省HPより引用】
動産譲渡登記制度は,企業が保有する在庫商品,機械設備,家畜などの動産を活用した資金調達の円滑化を図るため,法人がする動産の譲渡について,登記によって第三者対抗要件を備えることを可能とする制度です。
 近年,企業が保有する在庫商品,機械設備,家畜など,様々な動産を担保として活用するABL(Asset Based Lending:動産・債権担保融資)という手法が推進される動きもあり,動産譲渡登記の利用度・重要度は増加しています。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へにほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ


資格(司法書士) ブログランキングへ

お疲れ様です。田中利親です。

先日、相続登記のご相談を受けました。

基本的には当事務所までご足労頂くのですが、ご商売を営んでいて時間が取れない、年配の方で交通手段がない場合などは、依頼者宅に訪問することもあります。

案件としては、

ご主人が亡くなり相続人は奥さんと子供2人(うち未成年者1人)で、不動産を奥さんが相続する。

というものです。

手続きは、以下の流れになります。(かなりざっくり説明します。)

1.遺言書がない場合。

①ご主人の出生から死亡までの「戸籍・除籍」謄本を用意(通常3~4通)。
②家庭裁判所で未成年者の特別代理人を選任してもらう。
③遺産分割協議をする(相続人、特別代理人の戸籍・印鑑証明書を用意)。
④相続登記。


2.「不動産を奥さんに相続させる。」旨の遺言書がある場合。

①ご主人と奥様の関係がわかる「戸籍」謄本を用意(1通)。
②相続登記。

というように、残された家族の手間や費用がかなり違ってきます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へにほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ


資格(司法書士) ブログランキングへ>

裁判所が“1夫2妻”認める異例の判決=「どちらの婚姻も合法」―台湾- 最新ニュース|MSN トピックス


こちらは台湾のニュースですが、重婚(一夫多妻)は日本でも台湾でも禁止されています。以下が根拠条文です。


民法732条 配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない。

民法744条 民法732条の規定に違反した婚姻は、各当事者、その親族又は検察官から、その取消しを家庭裁判所に請求することができる。ただし、検察官は、当事者の一方が死亡した後は、これを請求することができない。

2 民法732条の規定に違反した婚姻については、当事者の配偶者又は前配偶者も、その取消しを請求することができる。(一部省略)


誰が取消しを請求できるのか、試験対策上ややこしい条文ですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へにほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ


資格(司法書士) ブログランキングへ

台風18号が去り、青森県内各地でも次々と被害が明らかになっております。

人的被害は確認されていないものの、住宅の床上・床下浸水はもとよりりんご園・水田の浸水・冠水も広範囲に及んでいるようです。1日も早い復旧作業が望まれますね。


さて、続きをどうぞ。


行政書士試験終了後の1日の流れは下記の通りでした。それぞれの時期に気をつけたこと等は、また近いうちにご紹介します。

【11月~12月】

朝5時~7時 記述式の商業登記と不動産登記を1問ずつ解き、答え合わせと復習

 7時~8時 ~朝食~

 8時~10時 民法の基本書

10時~12時 会社法と商業登記法の基本書

12時~14時 不動産登記法の基本書

14時~15時 ~昼食~

15時~17時 憲法・刑法・民事訴訟法・民事保全法・民事執行法の基本書

       その後は空いた時間で司法書士法の基本書




【1月~3月】

朝5時~7時 記述式の商業登記と不動産登記を1問ずつ解き、答え合わせと復習

 7時~8時 ~朝食~

 8時~10時 民法の過去問を集約収集ツールの直前チェックにまとめる

10時~12時 会社法と商業登記法の過去問を集約収集ツールの直前チェックにまとめる

12時~14時 不動産登記法の過去問を集約収集ツールの直前チェックにまとめる


14時~15時 ~昼食~

15時~17時 憲法・刑法・民事訴訟法・民事保全法・民事執行法を集約収集ツールの
                                         直前チェックにまとめる


       その後は空いた時間で司法書士法の過去問と復習





【4月~6月】早稲田セミナージャンプコース受講(週1回)

朝5時~7時 記述式の商業登記と不動産登記を1問ずつ解き、答え合わせと復習

 7時~8時 ~朝食~

 8時~10時 民法の情報集約ツールとオートマチックプレミアム


10時~12時 会社法と商業登記法の情報ツールとオートマチックプレミアム

12時~14時 不動産登記法の情報ツールとオートマチックプレミアム


14時~15時 ~昼食~

15時~17時 憲法・刑法・民事訴訟法・民事保全法・民事執行法の情報ツールと
                                         オートマチックプレミアム


       その後は空いた時間で司法書士法の情報ツールとオートマチックプレミアム



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へにほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ


資格(司法書士) ブログランキングへ

こんにちは。田中利親です。ホームページを開設しました。ホームページの趣旨は、


【あらそいのない街 あおもりを目指して】
相続・生前贈与・遺言・成年後見・事業承継などの身近な法律問題をわかりやすい内容で講演いたします。



というものです。


ホームページに関しましては、素人仕事ですのでお見苦しい点もあるとは思いますが、地域の皆さまに有益な情報を発信できるよう努めてまいります。


お時間のある時にでも覗いてみて下さい。(手前味噌ですが、プロフィール欄とかはちょっとウケますよ。)

司法書士 田中利親


なお、司法書士業務に関するご依頼・お問い合わせは、これまで通り「司法書士法人あおば登記・法務事務所」までお気軽にどうぞ→http://aozorahoumu.net/_aoba


【以下ホームページの一部抜粋です】

<~なぜ講演活動を始めようと思いたったのか?~>

私は地元弘前の高校を卒業後上京し、お金を貯めては海外を放浪するという生活を続けていました。その後、一念発起し、40歳を目前にして司法書士試験に合格し、約20年ぶりに弘前に戻って参りました。

「何か地域の為に貢献したい!」という気持ちがずっとあり、「では、自分にはどんな地域貢献が出来るのか?」と考えていたところ、やはり司法書士としての知識を活かし、

 「困ったことになる前に知っていればトラブルを回避出来たのに!」というような、生活に身近な法律に関する知識を地域の皆様にもっと広くお届けしようと思いました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

本日も会合でした。当事務所の会長曰く「弘前で1番のカツ屋ダネ」というお店。

他のカツ屋に行ったことがないので、比較しようがありませんが、大変美味しゅうございました!


さて、続きをどうぞ!

1回目の受験の敗因は直前期(本試験前3ヶ月)に反復する「情報集約ツール」の作成を怠ったことにあると確信していました。(根本的には本気になるのが、遅かったのですが。)

そして、やみくもに基本書を読んだり、過去問を解くのではなく、長期プランを立てて試験に臨むことにしました。
以前にも書いたかもしれませんが、そもそも「情報集約ツール」って何かというと。

試験合格のために確実な理解が必要なんだけどもあいまいな知識(簡単に言うと弱点)をまとめたモノです。(僕の解釈ですが。)

自分が使いやすい教材(基本書・過去問集・六法等)を選び、弱点を書き込んでいきます。
僕は基本書にしましたが、新たに「まとめノート」を作成していた合格者もいました。

→基本書ではなく、【直前チェック】でした。h25.9.17訂正。


4か月→「情報集約ツール作成」 
1カ月→「弱点の見直し」 
3か月→「情報集約ツールとオートマチックシステムプレミアムを利用しての学習」
 

という流れです。

具体的には試験日の3カ月前までに「情報集約ツール」を作成する必要があると考えましたので、初めの4ヶ月間で ひと通りの基本書を読みなおし、過去問も1度すべて解きなおしました。

「情報集約ツール」は過去問を解いていく過程で完成させました。
完成後の1カ月間は、過去問で間違えた個所を解きなおし、さらに基本書もう一度読み直しました。

そして、平成23年1月からは山本先生の「オートマチックシステムプレミアム」が民法から順次発売されましたので、購入し併用して読んでいきました。

残る3カ月間は自作の「情報集約ツール」とオートマチックシステムプレミアムを何度も何度も読み直しました。

続く

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村




本日の会合には、仕事関係の方々が多数いましたが、2次会は仕事抜きの人生の先輩と語らう流れ。

さて、続きをどんぞ!


平成21年11月8日には行政書士の試験がありました。
司法書士試験と憲法、民法、商法(会社法)の科目が共通するので、これまで学んだことの復習を兼ねて受験しました。

行政書士試験の対策は(詳細は、また別の機会にしようと思います)、司法書士講座でもお世話になっている山本浩司先生の著作『「資格の天才」ヤマモトの行政書士一発合格塾』を熟読し、「行政法」の分野を集中して勉強しました。

そして、試験当日。
試験中も落ち着いて問題に取り組むことができ、「なんとなく」ではなく、「明確に」手ごたえがありました。

司法書士試験を受験したときには無かった感覚です。
行政書士試験の合格発表は、約3ヶ月後の平成22年1月25日。

今回は合格したと確信がありました。しかし、本命は司法書士試験の合格です。
すぐに頭を切り替え、試験の翌日からは司法書士試験の対策に入りました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村





天気予報はこれから雨の模様。確かに蒸しますね。
今日も飲まずにいられない!


さて、合格体験記もしばらく休んでいましたが、続きをどうぞ!


司法書士試験不合格の自分に法律関係での仕事があるわけでもなく、筆記試験の合格発表直後で司法書士補助者の求人倍率もとても高い時期でした。

貯金にもゆとりがなくなってきた私は、不合格を知ったあの時初めて本気で腹をくくったのだと思います。

生活を切りつめても、次回の司法書士試験がある10ヶ月後までギリギリいけるかどうかという経済状態でした。

しかも、2回目で合格しなければ司法書士受験は諦めるという両親との約束があったため、残る10ヶ月でアルバイトをするような心理的余裕も全くありませんでした。


そして悩んだ末、アルバイト等はせずに受験一本に専念し、この先10ヶ月間を過ごすことに決めました。


続く→

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 弘前情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村



HOME  > ブログ

【あおぞら法務ネット】  >トップページ  >加盟事務所  >更新情報  >ブログ  >SNS