6月10日のツイート


2014年6月10日 / 投稿者:

当然の意見だ。政権はこの問題についてバランス感覚を逸していると思う。

憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に向けた動きについて、学者らのグループが都内で会見し、憲法に基づく政治という近代国家の立憲主義を否…
WWW3.NHK.OR.JP

fb.me/1rnRag6rI

posted at 15:28:19



 

不思議なことありました。
相続事件。
一人の相続人に意向調査の手紙をおくりましたが、返答がありませんでした。ただ、郵便が返送されてこなかったため、届いている模様。
戸籍の付票では出生からN県N市に在住とのことでしたので、相続人の一人に所在調査をお願いしました。相続人の一人が行ってみるとそこには……
同一氏名、同一生年月日の別人が住んでいたそうです。その方は別人であることを証明するために、一緒に役所に行き、自分の戸籍を取得し、私たちが相続人としている方とは全く異なる父母の戸籍を出してきたそうです!(◎_◎;)
別人の本籍のある役所が私たちが探している相続人の本籍のある役所に問い合わせてくれたそうですが、何かの手違いだと思うが、原因は不明との回答だったそうです。
うちとしては、不在者財産管理人の選任申立で処理していくことになるだけですが、初めてのケースに、色々想像出来てしまうエピソードに驚きを隠せません{(-_-)}
こんなこと経験した方はおられますか?
怖くねー( ̄◇ ̄;)

fb.me/6B09ZQ0G8

posted at 23:05:13






 

RSS 新着記事一覧

© 2019 あおぞら法務ネット All rights reserved - Mobile View - Powered by WordPress and Wallow - Have fun!