【限界を知ることと、次の人生を考えること】


2013年5月23日 / 投稿者:

【限界を知ることと、次の人生を考えること】

 今日、担当した不動産決済の買主は、同い年の友人でした。
 同友人は飲食業を営んでいますが、今回購入した物件は賃貸アパートです。
 
 彼いわく、
 「私はまだ若いつもり(36歳)だけど、
 飲食業の第一線で働けるのは、50~60歳までと思わなければならない、と言われている。
 それを超えると、体力にしろ感性にしろ、いろんな面で限界が生じてくるとか。
 私は、子供もまだ小さいし、本業の方で限界を迎える前に、『次の人生をいかに生きるか』を考えて、準備していなければならない。」
 
 ……とのこと。(※表現はうろ覚えですが、趣旨としてはこんな感じ)
 
 ですので、好調な本業(だからこそ不動産も買えるわけで)の合間を縫って、大家業についてもいろいろ勉強し、今回の物件に巡り会ったのだとか。
 
 本業における自分の限界を考える、というのは、一見、いささか「後ろ向き」なことにも思えますが、
 「次の人生の生き方」について熱く語る友人は、すごく「前向き」で、とてもカッコ良かった!です。
 
 幸い、太田は司法書士という、80歳を超えても(!)元気に頑張ってる先輩方も多い、比較的長く働ける職種に就いておりますが、それに甘えてはいられません。
 ただただ無為に経験を重ねるのではなく、常に向上心をもって取り組み、新しい知識と能力の獲得に貪欲であり続けなければ、いずれは若い世代に圧倒されてしまいます。
 
 今日は、すごく良い刺激を受け取りました。
 同年代の皆さん、それぞれ状況や立場は違いますが、お互い頑張って参りましょう!



カテゴリー:太田宜邦のGoogle+



 

RSS 新着記事一覧

© 2019 あおぞら法務ネット All rights reserved - Mobile View - Powered by WordPress and Wallow - Have fun!