リーガ第3節、バルサ 1-0 バレンシア


2012年9月3日 / 投稿者:

リーガ第3節、バルサ 1-0 バレンシア
―― 
 これまた、難敵相手に勝ち点を落とさなくて良かったね、というゲームでした。
 こういうゲームを勝ちきるところは、昨シーズンとちょっと違うところ。ずっとこのまま行ければよいですが。

 セスクが前半のチャンスで1本でも決めてくれていれば、というところもあったので、きっとまた批判されちゃうんでしょうねぇ。でもまぁ、こんなふうに決定機にコンスタントに絡めているのであれば、そんなに心配せずとも、いずれまた調子が戻ってくるとは思います。「最後が決まらない」のはイニエスタも同様だし(^_^;)
 
 クラシコで退場食らったアドリアーノが、活き活きしていて良かったです。今期はこうやって、左右両方でハイレベルなバックアッパーになり得る貴重な存在として、重宝される場面が増えることでしょう。
 あと初スタメンでフル出場のソング、良かったんじゃないでしょうか。ずっと「親のような気分で」ハラハラしながら見守っていましたが、全体的に無難かつ安定していて、良いボール奪取も何度かありましたね。

―― 
バルサ、難敵バレンシアに1-0
前節、苦手とする敵地でのオサスナ戦で勝利したバルサは、難敵バレンシアをホームに迎えるものの、序盤から試合を支配する。中盤ではシャビを経由してバレンシア陣地に押し込み、前線でメッシ、セスクが自由に攻撃を仕掛けた。 快適にプレーするバルサは23分、CKから先制した。シャビのショートコーナーからメッシ、 …



カテゴリー:太田宜邦のGoogle+



 

RSS 新着記事一覧

© 2019 あおぞら法務ネット All rights reserved - Mobile View - Powered by WordPress and Wallow - Have fun!