2015年03月06日(金)のGoogle+


2015年3月6日 / 投稿者:

2015年03月06日(金)

【ビジャレアルCF-FCバルセロナ:国王杯の決勝進出!(1-3)】

 このところ、「結果は良いけど、内容的に低評価」みたいなゲームが多いですね。
 
 でも、ま、これがルーチョバルサの色、なんでしょうね、きっと。「肉を切らせて骨を断つ」みたいな。(……ちょっと違うかな?)
 前線のクラックたちの決定力に多くを依存していて、たまたまトリデンテ全員が不発だと、マラガ戦のような寒いゲームになる、と。

 これは、オールドファンからすると、かなり寂しいことでしょう。
 他方で、近年のペップ監督の黄金時代から入った方々にとっても、物足りなさを感じるところでしょう。
 
 でも、太田はその中間の(?)リバウド世代なんで、こういうバルサも、わりとすんなり受け入れられています。
 歴史的に見ても、前線に外国人クラックをお迎えして、その色に染まるのは伝統的といってもいいし、そもそも常勝といえる時代は短く、バレンシアやデポルなどの後塵を拝するシーズンも珍しくありませんでした。
 とはいえ、リバウド時代は、決定力も欠けていたけどね。クライファートとか(^_^;)
 
 ……閑話休題。
 
 さて、このゲームに関して言えば、早速にメッシ→ネイマールの必殺ループパスで先制したのは良いとして、その後、メッシはあまり輝けず。(マドリーを撃沈したばかりの)ビジャレアルの組織的守備はさすがの仕上がりで、メッシのボールロストも目立っていました。
 そんな中で、スアレスのクオリティが高いレベルで安定してきたのは嬉しい限り。
 最近日照り気味だったネイマールも、この2ゴールで復調してくれれば、心強いですね。

 あとは、ブスケツの負傷が、軽傷であることを祈るのみ、です。
 
 以下、レビューサイト。
 BlauGranaさん …… http://www.blau-grana.com/dato/part/1415/150304_villarreal.html
 Goal.com ……http://www.goal.com/jp/match/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%AB-vs-%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%83%8A/1995028/report
 FCB公式 …… http://www.fcbarcelona.jp/football/first-team/detail/article/villarreal-cf-fc-barcelona-for-the-final-1-3

バルサはネイマール(2)とスアレスのゴールで再びビジャレアルに勝ち、カップ戦の決勝への勝ち抜けを決めた

…… plus.google.com/u/0/1129161261…

posted at 13:19:02



カテゴリー:太田宜邦のGoogle+
当サイトは、「にほんブログ村」の司法書士ブログランキングに参加しています。
↑の「司法書士」バナーをクリックして、ランク向上にご協力お願いします!



 

RSS 新着記事一覧

© 2018 あおぞら法務ネット All rights reserved - Mobile View - Powered by WordPress and Wallow - Have fun!