2013年05月07日のつぶやき


2013年5月7日 / 投稿者:

 今月で満1歳になる二女が、今朝から保育園に通い始めました。
 初めは「大泣き」するだろうと予想していたのですが、妻の話によれば、とりあえず朝の段階では保育園の先生に抱かれて「ぽかーん」と、ママを見送るだけだったとか。「お迎え」の段階の二女がどうだったかは、帰宅してからのお楽しみです。
 
 その一方、あと3ヶ月で満6歳になる長女の方は、(1年間だけですが)妹と同じ保育園に通えるこの日を、ずっと前から楽しみにしておりまして。
 その当日を迎えた影響でしょうか。今朝は、いつも両親に甘えっぱなしだった「ハミガキ」「洗顔」「お着替え」なども、「全部自分でやるの!」と言い出しまして、突然に「お姉ちゃん」の自覚が出てきたようです。

 他方、手が掛かっていた長女のお世話から、いきなり手が離れたかたちのパパとしては……。
 嬉しいことのはずなんだけど、これがどうも、無性に寂しくてなりません。
 ああ、この寂しさが、親としての感情なんだなぁ、と、今さらながらに人の親になったことを実感したりしております。




カテゴリー:太田宜邦のFacebook



 

RSS 新着記事一覧

© 2019 あおぞら法務ネット All rights reserved - Mobile View - Powered by WordPress and Wallow - Have fun!