古い仮差押……取下げできない?その④


2012年9月20日 / 投稿者:

古い仮差押……取下げできない?その④
―― 

 しばらく間が空いてしまいましたが、前回(http://aozorahoumu.net/blog/3361)からの続きです。
 
 30年前の、古い仮差押の取下げをしようと、裁判所に相談したところ、
 
 ・ 裁判所にも記録がない。
 ・ 両当事者のいずれかが、仮差押正本を持っていない限りは、仮差押事件の詳細が分からない。
 ・ よって、登記記録だけでは、仮差押の取下げの受理はNG(よって抹消嘱託もできない)
 
 ……と、言われてしまった案件でした。
 
 ところが、ゲタを預けてご検討いただいていたところ、翌日に書記官さんからお電話をいただきまして。
 結論としては、懸案の、仮差押正本が無い点については、「同書類を紛失した旨の上申書」を用意すればカバーできる、との回答でした。
 
 ……スミマセン。4回にも分けて引っ張った割に、面白みのない、何とも当たり前な結論で。
 
 それならそれで、最初から「検討します」とか「調べます」ってだけ言ってくだされば、気を揉まないで済んだのですが……まぁ、お願いする立場でそんなことは、口が裂けても申し上げられません(^_^;)
 ともかく、書記官さんには最初から最後まで丁寧に応接いただきまして、この場を借りて感謝申し上げます。
 
 私も、変に話を盛り上げず、blogとかに書くなら、ちゃんと結論が出てからにしときゃあ良かったなぁ、と反省しております。どうもお騒がせしました(^^ゞ
 
―― 


古い仮差押……取下げできない?その③
aozorahoumu.net
 太田@あおばです。  前回(http://aozorahoumu.net/google_plus/aoba_g/3349)からの続きです。  想定外だった書記官のお言葉に、愕然とした太田ですが、「はいそうですか」ってわけにもいきません。  太田「……そうはおっしゃいますが、仮差押命令正本もただの紙です。物理的に紛失することだって充分想定しうることでしょう。その書面1通が紛失しただけで、この土地が永久に塩漬けになってしまうというのも、何とも不合理ではないですか?」  書記官「それも理解はできますが、しかし仮差押というのはあくまで一時的な権利保全の制度です。それを30年間、放置した両当事者の落ち…






 

RSS 新着記事一覧

© 2019 あおぞら法務ネット All rights reserved - Mobile View - Powered by WordPress and Wallow - Have fun!