Category: 太田宜邦のblog

仲良し姉弟、一つの椅子で


2017年9月9日 / 投稿者:

ときどきケンカもするけれど、いつも仲良し。
2番目と3番目は、一つの椅子に並んで腰掛けるのが大好きで、親から見ても微笑ましいです。

2017年09月投稿……仲良し姉弟、一つの椅子で



カテゴリー:太田宜邦のblog
※当サイトは、「にほんブログ村」の司法書士ブログランキングに参加しています。
↑の「司法書士」バナーをクリックして、ランク向上にご協力お願いします!

KUMON「高進度学習者賞(高進度部門)2017」


2017年9月8日 / 投稿者:

今回も頂くことができました。
KUMONの「高進度学習者賞(高進度部門)」。

現在、小学4年の長女は、中学1年の国語を、どーにかこーにか勉強することで、ギリギリこの賞を貰える可能性が継続しているのですが、さすがに、宿題のレベルが難しくなってきています。
親でもちょっと本気出さないといけないレベル(^_^;)
本人は地道に頑張っていますが、次も貰えるといいなぁ~。

2017年09月投稿……KUMON「高進度学習者賞(高進度部門)2017」



カテゴリー:太田宜邦のblog
※当サイトは、「にほんブログ村」の司法書士ブログランキングに参加しています。
↑の「司法書士」バナーをクリックして、ランク向上にご協力お願いします!

SIGMA「135mm F1.8 DG HSM」


2017年9月6日 / 投稿者:

各メディアでの高評価ぶりに、とうとう我慢しきれずに買ってしまいました、SIGMAの「135mm F1.8 DG HSM」。
やはり良いですねぇ、コレ……!

アダプター経由でa7R2とかにつけても良いのですが、重量バランス的にはやや難あり。
なので、防湿庫の肥やしになっていた5D3を久しぶりに引っ張り出して、楽しんでおります。
この焦点距離のレンズとしては、手ぶれ補正が無いのだけが残念。室内ではシャッタースピードを1/160等に固定し、ストロボ(天井バウンス)を、という使い方が基本になりそうです。

背景は、これでもか!というくらいに大きくボケますし、ボケ味も最高。
ボケ過ぎじゃない? と家人にも言われましたが、気にしません(^_^;)。せっかくフルサイズのカメラでポートレートとるなら、これくらいボカしたい、ってのが人情ってものですよね~。

2017/09/06投稿……SIGMA「135mm F1.8 DG HSM」



カテゴリー:太田宜邦のblog
※当サイトは、「にほんブログ村」の司法書士ブログランキングに参加しています。
↑の「司法書士」バナーをクリックして、ランク向上にご協力お願いします!

樋川車輌さんの「お客様感謝祭2017」


2017年9月6日 / 投稿者:

今さらながら、な投稿ですが……。
8/27(日)は、お世話になっている樋川車輌・樋川自動車さんの「お客様感謝祭2017」に、娘たちを連れてお邪魔しました。
ホントはミニ四駆のイベントもあるということで、長男も連れて行きたかったのですが、あいにくと夏風邪で、長男とママはお留守番でした。

その弟の分も、ということで張り切った?のかどうか、娘たちは、出張動物園や、ネイルアート、らくがきカー、プラ板作成などなど、数々のイベントを精力的に楽しみ尽くし、満足して帰途に尽きました。
毎年のことですが、ソバも焼き鳥もアイスも、全て無料ですからね。
ホント、樋川さん太っ腹!(社長はダイエットに成功して、かなり痩せてましたけど)

それにしても、最後の写真、長女作のプラ板なのですが、無駄にクオリティ高くないですか。用意された絵をなぞったとはいえ、ここまで忠実に描かなくても。
こういうのに熱意を燃やさずに、日々の宿題を早く片付けてほしい……(^_^;)

2017/08/27の出来事



カテゴリー:太田宜邦のblog
※当サイトは、「にほんブログ村」の司法書士ブログランキングに参加しています。
↑の「司法書士」バナーをクリックして、ランク向上にご協力お願いします!

当サイトにナビゲーションバー?を設置しました。


2013年4月4日 / 投稿者:

 当サイト( http://aozorahoumu.net/ )に、自前の「ナビゲーションバー」(Navigation Bar)を設置してみました。

 と、書きつつ、本格的なナビゲーションバーではありませんで(だから?マークが付いているのですが)、「トップページへ移動」「ページの先頭に戻る」という作業を簡単に可能とするためのツールです。

 例えばFacebookとか、Googleの各サービスとかには、画面の左上に「Facebook」「Google」と書かれたロゴマークの部分がありますよね。
 同ロゴは、ページを読み進めて下にスクロールしていっても、画面上の同じ場所にいつでも固定表示されています。
 そしてその同ロゴをクリックすると、各サービスのトップページに戻ることができる(またはページが更新される)……という仕組みになっています。
 これに憧れ?て、今回似たような仕組みを実装してみた次第です。

 大抵のサイトでは、画面の最上部にメニューが表示されていますが、ページをスクロールすると見えなくなってしまうのがほとんどです。
 一定程度、閲覧中のページが下にスクロールされた状態で、「同じサイトの、別のコーナーに行きたいなぁ」と思っても、わざわざ最上部までスクロールを戻したうえで、メニューに辿りつかなければいけないことになってしまいます。

 そういう煩わしさを解消してくれるのが、今回設置したナビゲーションバーです。
 画面の最も下に表示されているはずですので、早速お試し下さい。

 機能性重視なので、あまり見た目がよくないかもしれませんが、使い勝手はなかなか、なんではないかと自負しております。

 ちなみに、htmlおよびCSSのコードは次のとおり(Wordpress用)。

<div class="under_menu">
<div>
<ul>
	<li><a title="Home" href="http://aozorahoumu.net/"> <img src="http://aozorahoumu.net/image/ahn_mini3.jpg" height="20" /></a></li>
	<li><a title="Home" href="http://aozorahoumu.net/">トップページ</a></li>
	<li><a title="Top" href="#">↑ページの先頭へ</a></li>
	<li><a title="Bottom" href="#credits">ページの末尾へ↓</a></li>
</ul>
</div>
</div>

.under_menu {
	position: fixed;
	bottom: 0px;
	left: 0px;
	background-color: #464646;
	width: 100%;
	z-index: 10000;
	padding: 0.5em 1em;	
}
.under_menu div {
	max-width: 80%;
	margin: 0 auto; 	
}
.under_menu ul {
	list-style: none;
	margin: 0; 	
	padding: 0; 	
}
.under_menu li {
	float: left;
	margin: 0 1em; 	
	padding: 0;
}
.under_menu  a {
	color: #87CEFA;
}
.under_menu  a:hover{
	background-color:#ffffff;
	color: #000000;
}

 それぞれの環境に応じて、不要な部分などもあるかと思いますが、適当に改変してお使いください。

 また、今回、参考にさせていただいた解説ページを掲載しておきます。

なお、実は、上記のシンプルなコードだけだと、「IE6よりも以前のIEブラウザには対応しない」そうなのですが……。

 ま、構わんでしょう(^_^;)


※当サイトは、「にほんブログ村」の司法書士ブログランキングに参加しています。
↑の「司法書士」バナーをクリックして、ランク向上にご協力お願いします!

太田家の仙台旅行/h25年2月


2013年2月18日 / 投稿者:

 太田@あおばです。

 先日、仙台旅行に行ってきました。

 近場の一泊旅行なので、あまり詳細にレポートすることもないですが、お食事の面だけ、(自分の備忘録という意味合いもあって)さらっと紹介させていただきます。

--

 まず、1日目の昼食は、「さふらん」さんで「ハンバーグフライ カレー」。

r_IMG_1768

--

 そして1日目の夕食は、「串焼き梅ちゃん」(2度目の訪問)にて、絶品の「焼鳥丼」などを堪能。

r_IMG_1824

r_IMG_1825

--

 そして2日目の昼食は、「石焼ステーキ 贅(ゼイ) 宮城明石台店」(こちらも2度目)にてステーキ。

r_IMG_1840

 上が、私のオーダーした、期間限定の「生しょうゆ糀(こうじ)ステーキランチ」、ロース240g。このボリュームで、ライス・味噌汁・サラダなどもセットで1,480円ですよ!(≧∇≦)

 スゴイお得ですよね! ちなみに、お肉が120gなら1,100円なり。

r_IMG_1842

 最後にこれが、「サーロイン ステーキ ランチ」150g、こちらも1,100円です。

--

 道中は、特に帰りの高速道路が大雪で難儀しましたが、美味しいものをたくさん食べることができて、とても楽しい旅でした。また行きたいですね~。



カテゴリー:太田宜邦のblog
※当サイトは、「にほんブログ村」の司法書士ブログランキングに参加しています。
↑の「司法書士」バナーをクリックして、ランク向上にご協力お願いします!

長女が作ってくれた「パパの絵本」


2013年2月18日 / 投稿者:

 太田@あおばです。

 先日、長女(5歳)から、思いがけないプレゼントを貰いました。

 長女が自作した「パパの絵本」です。

r_IMG_1747

表紙。「パパに いいよう ありがとう の きもち(ハート)」

r_IMG_1748

「パパは おふろに いれてくれる」

「パパ はぶらし してくれる」

r_IMG_1749

「パパは えほん を よんでくれる」

「パパは ねせて くれる」

r_IMG_1750

「パパは えいがかん に いってくれる」

「パパは おにごっご を してくれる」

r_IMG_1751

「パパは ゆきあそび を してくれる」

「パパは ほいくえ に おくってくれる」

r_IMG_1752

 背表紙。「おわり(ハート)」

……

…………

………………貰ったパパは、大泣きしてしまいました。妻や長女の前でしたが、溢れ出る涙を止めることができませんでした。

 嬉しくて涙を流したというのは、おそらく、36年の人生で初めての出来事だと思います。

 後半は、だんだんイラストが「テキトー」な感じになってきたりとか、
 誤字脱字もちょこちょこありますが(^_^;)…… そういう細かいツッコミどころはおいといて。

 5歳の娘が、日頃パパがしてあげるいろいろなお世話に、感謝の気持ちを感じてくれていること。
 その感謝の気持ちを、パパに伝えたいと思ってくれたこと。
 それをただの手紙などでなく、「絵本」というかたちで綴ってくれたこと。(娘自身の発案らしいです)

 ちょっと前までは、あんなに小さな赤ん坊だった娘が、こんなに気の利いた贈り物をしてくれるほどに成長したんだなぁ、と思うと……
 このブログを書いている今でも、不覚にもウルウルしそうになる自分がいます。

 Rちゃん。

 パパは、Rちゃんのパパになれて良かった。

 心から、そう思うよ。



カテゴリー:太田宜邦のblog
※当サイトは、「にほんブログ村」の司法書士ブログランキングに参加しています。
↑の「司法書士」バナーをクリックして、ランク向上にご協力お願いします!

太田家の東京旅行/h24年10月/その7


2013年2月17日 / 投稿者:

 太田@あおばです。

 平成24年10月の東京旅行のレポート、ここらでいい加減、完結させたいと思います!
 (関連記事はこちらからご覧下さい。)

 旅行2日目の夕方以降について、お食事を中心に、さらっとご報告。

--

 ってなわけで旅行2日目の夕食は、恵比寿の「中華香彩 JASMINE(ジャスミン)」!

 某テレビ番組で紹介されていたこのお店。テレビ越しに見ただけで「ビビッ!」と感じるところがあったことから、予約した次第。
 私のこういう、行ったこともないお店を口コミ等だけで判別する嗅覚(勘?)は、自分で言うのも何ですが、それなりに実績があるところでして……今回も、大当たりでございました!(≧∇≦)

r_IMG_1342

 名物の「四川名物“よだれ鶏”蒸し鶏の特製香ラー油 ――巴蜀口水鶏――」!

 これが食べてみたくて伺ったんですけど、期待を裏切らない美味しさでした!

--

r_IMG_1343

 「焼き餃座子  ――鍋貼鮮肉餃――」

 オススメの食べ方は、“よだれ鶏”の残った汁に付けて食べる、というもの!

--

r_IMG_1344

 「土鍋焼き四川マーボー豆腐 挽きたて花山椒の香り ――麻婆豆腐煲――」

 これまた絶品でした! お行儀なんて気にせず、ゴハンに掛けて食べると最高!

--

r_IMG_1345

 「たまごレタスチャーハン ――生菜蛋炒飯――」

--

r_IMG_1346

 「青ネギたっぷりのコラーゲン鶏白湯麺 ――爛鶏濃湯麺――」

 これがまた、シメに最高!
 妻は、この逸品が一番お気に入りだったようです。

--

 こちらの「中華香彩 JASMINE(ジャスミン)」には、当方、生後5ヶ月(当時)の二女が、ワンワン泣きわめいた状態で、恐縮しながら入店したのですが、お店の方々はとても温かく迎えてくれました。

 お味も雰囲気も最高!……ということで、ぜひとも再訪したいお店が、また1つ増えた次第でした。

--

 旅行3日目の午前中は、駅舎の復原工事が完了して全面再開業したばかりの、東京駅丸の内口を見学したのち……

 最後の食事をいただくため、銀座へ移動。

 3日目の昼食は、鉄人「道場六三郎」さんのお店、「懐食(かいしょく)みちば」を予約しておりました。

 かの有名な「ローストビーフ丼」などを堪能いたしまして、旅行を締めくくりました~。

--

 以上、ダラダラだらだら、年までまたいで長丁場のレポートになってしまいましたが、ようやく完結させることができました。

 娘が2人に増えてからは初めてとなる、4人での家族旅行は、大変なところもありましたけれども、とても楽しく、そして美味しい旅でした。

 私や妻はもちろん、5歳の長女までも、すっかり旅行が趣味となってしまった太田家。旅を重ねる毎に、家族のキズナが強まっていくように感じています。
 今後も、この調子で、たくさんの思い出を綴り続けていきたいと思います。

 ま、その前提として、旅費を貯めるため、お仕事をもっともっと頑張っていかなければいけませんが(^_^;)



※当サイトは、「にほんブログ村」の司法書士ブログランキングに参加しています。
↑の「司法書士」バナーをクリックして、ランク向上にご協力お願いします!

太田家の東京旅行/h24年10月/その6


2013年2月17日 / 投稿者:

 太田@あおばです。

 すっかり間が空いて、なんと「昨年のお話し」となってしまいましたが、放置したまま完結していないことが今さらながらに気になったので(^_^;)、平成24年10月の東京旅行のレポートの続きを綴ってみます。
 (関連記事はこちらからご覧下さい。)

――

 旅行2日目の午後は、お台場へ移動して、「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」を訪れました。

 なかなか素敵な空間でしたよ~。

――

 シューティング・アドベンチャーの「キングダムクエスト」

 子供向けではあるのですが、大人も楽しめました。長女はすっかり気に入って、4回トライ。

r_IMG_1303

――

 「4Dシネマ」

 映像は3D(立体視)なので、こちらに掲載した写真も、本来は専用のメガネを通してみるべき映像です。普通のカメラで撮った写真だと、訳分からんですよね(^_^;)

 何故に「4D」というかと、映像が立体視できるだけでなく、観覧者に「肌で体感できる刺激」が与えられるわけですね。

 すなわち、映像の各シーンに合わせて、観覧席に寒風が吹き荒れたり、雪が舞ったり(実際には、何かの泡らしきものが飛び交う)、水しぶきが浴びせられたり……という。
 さすがに、「責任者出てこい!」って怒鳴りたくなるほど濡れたり寒かったりする……わけもなく、水しぶきでいえば、ちょっとした「霧ふき」程度の、ささやかなものですけれども、なかなか楽しめます。

  長女は、これもすっかり気に入って、やっぱり4回トライ。

――

 「マーリン・アプレンティス」

r_IMG_1323

 まぁ、良くあるタイプの、メリーゴーラウンド的なアトラクションですね。一生懸命ペダルを漕ぐと、座席が高くなり、気を抜くと座席が低くなる、という。

 長女は、これもなぜだか気に入って、なんと5回もトライ!

――

――

 午後2時に入場して、結局、6時頃まで遊びっぱなしでした。
 5時半を過ぎても、まだ元気にアスレチックではしゃいでいる長女。

r_IMG_1335

 前売り券料金:1人1500円で、これだけガッツリ楽しめるなんて、なんてお得な施設だ!と感心しながら、お台場を後にした太田家でした。



※当サイトは、「にほんブログ村」の司法書士ブログランキングに参加しています。
↑の「司法書士」バナーをクリックして、ランク向上にご協力お願いします!

なんと! 日本年金機構による架空請求事件!?


2013年2月8日 / 投稿者:

 太田@あおばです。

 私、自分で言うのも何ですが、わりと温厚な性格の人間でして、およそ立腹するってことは滅多に無い方なのですけれども……今回ばかりはさすがにムカッと来たので、書かせていただきます。

  •  相談者は亡Aの妹。
  •  亡Aには子が数人いるが、いずれも疎遠で、亡Aは一人暮らしだった。
  •  亡Aは、昨年8月に自宅で孤独死。それが発見されたのが10月だったので、そのタイムラグの間に振り込まれた年金は、「過払い」ということになってしまった。
  •  火葬や死亡届の手続については、相続人である子らが協力を拒否したため、お役所からの強い要請で、やむなく妹(相談者)が動かなければならなかった。
  •  そしたら、日本年金機構から相談者に対し、写真のとおり、「亡Aが余分に受けた年金を返納せよ」という書面が届いた。

20130207142855_00001

 もし亡Aの子らが全員こぞって相続放棄をしたというのなら、相続権が相談者に回ってくる可能性が高いですから、そうであれば相談者としては相続を承認して、返納義務も果す覚悟はあるのです。

 しかし、以上の経緯から、少なくとも現時点では、相談者は亡Aの相続人になっていないことは明らかでありまして、返納義務が無いのは間違いありません。

 文書には、「年金受給者の死亡届を提出してくださった方」を「相続人代表者として送付させていただきました」とは書いてありますが、そもそも相談者は相続人の一員ですらないわけで。

 この辺、相談者に代わって、ちょろっとお電話でもして説明すれば解決かな~、と思いまして、私、(サービスで)日本年金機構に電話してみました。

 

    ……ところが。機構の担当者いわく。

  •  Bさん(相談者)が死亡届の届出者だったので、Bさんなら「返納にご協力いただけるのではないかと思い」、この書面を「出してみた」。
  •  Bさんが相続人でなく、他に相続人がいるとおっしゃるなら、Bさんの方から、その旨を文章にして、できれば戸籍も添えて、こちら(機構)に送って欲しい。電話じゃ駄目。

 などと、とんでもないコトをぬかすではないですか!

 私も、それだけでは引き下がれません。

  •  「相続人じゃないんだから、返納義務も承継していないし、そもそも亡Aの預金口座に入った年金について何ら手を出すことも出来ないんです。」
  •  「相続人じゃないことは、この電話で認識していただいたのですから、今後はそちら様(機構)において、戸籍を調査するなりして、本来の相続人を捜していただくのがスジでは?」

 などと主張したのですが、どうも「暖簾に腕押し」でして。電話じゃ駄目、とにかく文書を寄こせの一点張りです。

 かといって、このまま放置しておくと、再度、機構から相談者へ重ねてお願いの書面が行ってしまいそうなニュアンスでしたので……不承不承ながら、機構へ送るための「懇切丁寧な通知書」、相談者のために、(サービスで)作らせていただきましたけどね(>_<)

 

 にしても。 支払義務の無い方に対して、「払ってくれたらラッキー」的に、支払を請求する文書を出すなんて、いわゆる「架空請求」のやりくちですよねぇ。

 しかも、それを電話で指摘されて、サラッと引き下がるならまだしも、開き直るとは、なんと傲慢な!(-_-#)

 

 「日本年金機構」って、官公署そのものではない「特殊法人」だそうですが、それでも国の委託を受けて業務を行い、役職員はいわゆる「みなし公務員」として扱われる、公の団体な訳で。

 そういう公の団体が、こんな「架空請求」まがいのことをして良いのでしょうか?

 

 ……などと、お上を批判するようなことを、事務所のオフィシャルサイトに大っぴらに書いちゃうと、後々マズいことになるやもしれませんが、あまりに腹が立ったので、後先考えずにアップしてしまいます(^_^;)



カテゴリー:太田宜邦のblog
※当サイトは、「にほんブログ村」の司法書士ブログランキングに参加しています。
↑の「司法書士」バナーをクリックして、ランク向上にご協力お願いします!


 

RSS 新着記事一覧

© 2018 あおぞら法務ネット All rights reserved - Mobile View - Powered by WordPress and Wallow - Have fun!