婚外子相続格差は「違憲」 最高裁、法令違憲は戦後9件目


2013年9月4日 / 投稿者:

2013年9月4日、結婚していない男女の間に生まれた非嫡出子(婚外子)の遺産相続分を嫡出子の半分と定めた民法の規定が、法の下の平等を保障した憲法に違反するかが争われた2件の家事審判の特別抗告審で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)は4日、規定は「違憲」との決定を示した。
(産経新聞より抜粋)

このニュースを受けて、いくつか質問を受けました。

Q1. 「非嫡出子(ひちゃくしゅつし)」ってなんですか?

Q2. 「非嫡出子」って、認知されれば「嫡出子」になるんじゃないんですか?

Q3. 「嫡出子」と「非嫡出子」ではどういう違いがあるんですか?

Q2. いままでの制度と今回の最高裁での決定での違いはなんですか?

今日は名古屋出張から帰ってきたばかりで既に眠いので、近いうちに世間を賑わせている二人の有名人を例えにして、この質問にお答えしようと思います。



カテゴリー:田中利親のblog



 

RSS 新着記事一覧

© 2019 あおぞら法務ネット All rights reserved - Mobile View - Powered by WordPress and Wallow - Have fun!