デジタルホーム構想、その3


2010年4月29日 / 投稿者:

 太田@あおばです。
 
 「2階で仕事しながら1階の録画番組を見たい!」という取り組み?についての続きです。
 前回の記事では、DLNAサーバとして東芝のハイビジョン・レコーダ「VARDIA」を導入したところまで書きました。
 次に、VARDIAで配信された番組データを受信するため、どの機器をDLNAクライアントとして採用するか?ということになります。
 
【案1:ソニー「BRAVIA」をクライアントとして購入】
 デジタルテレビの中で、DLNAクライアントの機能を有したものも結構多くなってきたようです。
 ⇒Lanhome(ランホーム)内の「デジタル家電・ネットワーク家電」の項を参照。
 
 そのなかでも、ソニー「BRAVIA」は、「ソニールームリンク」と銘打って、下位のモデルでもDLNAに対応したものが多く、セカンドTVとして購入するには都合が良さそうです。
 
 ただ、この時期、なぜかBRAVIAは品薄で、どこの電器店に行っても入荷は1~2ヶ月待ちと言われてしまう状況でした。ネット通販でも総じて納期が遅い。電器店の店員さん曰く、「ソニーの工場の生産ラインでトラブルが生じたらしい」とか。本当かなぁ?
 
 まぁ、その噂の真偽はともかくとして、そんなに品薄なら廉価での購入も期待できませんし、あんまり長く待つこともできません。よってこの案は諦めました。
 
【案2:パソコンで視聴】
 パソコンにDLNAクライアントソフトを導入すれば、パソコンで番組データの配信を受けて視聴することができます。
 ⇒Lanhome(ランホーム)内の「パソコンの使い方(マルチメディアコンテンツの視聴)」の項を参照。
 
 私が試してみたのは、「DiXiM Digital TV plus」でした。オンラインで4,480円で購入。意外に安いですね。
 これを、手持ちの「Let’s note CF-S8」(H21年秋購入)で試してみると、「Windows Aeroオンが必須」という動作条件に戸惑いましたが、ちゃんと番組データが再生できました! ワイヤレスLAN経由だと、他の通信とバッティングすると音声がやや途切れたりすることもありますが、思ったよりも鮮明に見れます! 有線LAN経由だと、普通に直接接続されたレコーダからの再生と、ほとんど変わらない印象です。
 
 ただ、実はこのメインで使ってるノートPCそのもので再生するのだと、あまり私の要望に合わないのですね。ノートPCで「仕事しながら番組を見る」というのが念願だったので。番組再生のためにPCが塞がっちゃったら、肝心の仕事ができなくなっちゃう(^_^;)
 
 しかしこのソフト、公式ページの「動作条件」の項を見ていただきたいんですけど、CPUからグラフィックスボードまで、かなりのハイスペックが求められています。
 H18年春に購入した、先代「Let’s note」で見れたらいいなぁ、と思って久しぶりに引っ張り出し、かなりの手間暇を費やして「Windows Update」を繰り返して最適化したうえで試してみたのですが、こちらではインストールはできても、再生ができませんでした。
 
 いわゆる「重いソフト」だというよりは、どうやら、著作権保護の関係でかなりハード的な制約があるような感じですね。
 もう一つのDTCP-IP対応ソフト、「softDMA1.58」でも、ほぼ同等の動作条件が課されているらしく、どうも手持ちの古いパソコンでの視聴は無理があるかなぁ、という結論にいたりました。
 
【案3:「プレイステーション3」をクライアントとして購入】
 プレイステーション3(PS3)も、もともとDLNAクライアントとしての機能を有していたのですが、最近バージョンアップで「DTCP-IP」機能にも対応し、デジタル番組データの視聴もできるようになったそうです。
 ⇒Lanhome(ランホーム)内の「PS3(プレイステーション3)の使い方」を参照。
 
 いろいろ遠回りをしてしまった感がありますが、結局はこのPS3を導入するのが、一番手っ取り早くて費用が掛からないかなぁ、という結論に至りました。
 
 現在のPS3が、120GBモデルの新品で、希望小売価格29,980円とのこと。
 それだったら、中古なら1万円台くらいで買えるんじゃねぇ?と考えていろいろ探してみたのですが……甘かったですねぇ。意外に値下がりしてない。
 
 近所のお店でも、中古で25,000円くらいの値付けがせいぜいのところ。
 それなら新品の方が良いのかなぁ、と諦め掛けたところ、運良くあるお店で120GBモデルの中古(H22年1月購入のもの)が23,800円で売られているのを見つけまして、飛びつくように購入させていただきました!(≧∇≦)
 
 このPS3を2階のブラウン管テレビに接続しまして、DLNA受信を試してみたところ、何の問題も無く、いや、むしろパソコンよりもスムーズかつ軽快に、デジタル録画番組が視聴できるようになりました。
 「VARDIA RD-S304K」と「PS3」で、合計7万円ちょっとですか。とてもコストパフォーマンスよく、念願の「デジタルホーム」が実現できたなぁ、と満足しております。
 
 ここ1週間ほど、好きなサッカーチーム「バルセロナ(バルサ)」の試合中継を取り溜めては、早朝のお仕事中に「流しておく」、というかたちで、楽しい時間を堪能する毎日を過ごしています。
 バルサは、残念ながらちょうど今朝の準決勝で、チャンピオンズリーグから敗退してしまいましたが、一方では(作家として好きな)東野圭吾原作のドラマ「新参者」など、要チェックな番組が沢山ある状況です。
 
 せっかく苦労して(?)作り上げた環境ですので、それを最大限に活用して楽しんでいきたいですね。「楽しみ」があってこそ、「張りのある良い仕事」ができるというものですから!
 ……というのは、結論としては強引だったかな?(^_^;)



カテゴリー:太田宜邦のblog



 

RSS 新着記事一覧

© 2019 あおぞら法務ネット All rights reserved - Mobile View - Powered by WordPress and Wallow - Have fun!