田畑司法書士の退職について(あおば)


2010年12月31日 / 投稿者:

 平成20年4月から当・司法書士法人あおば登記・法務事務所に在籍し、裁判部門〜不動産部門で活躍して貰った田畑愛光(たばた ひでみつ)司法書士が、このたび退職することになりました。
 
 平成20年は当事務所の改組(法人化)の時期ですが、特に債務整理を中心に弁護士/司法書士の需要が多く、津軽地方の「司法過疎」現象が際立って表面化していた時期もありました。
 この問題を少しでも解消しようと、当事務所では勤務司法書士を急募し、新人に実務修行の場を提供することで、法務サービスの受け皿を拡げようという取り組みを行っておりました。これに応じて、関東地方から馳せ参じてくれたうちの1人が、田畑司法書士でした。
 
 修行期間としては2年間のお約束だったのですが、結果的にはそれを延長して2年9ヶ月間の在籍となりました。そういう意味では「退職」という言葉より「卒業」という言葉の方がしっくり来ますね〜。
 在籍中に、太田がかつて拝命していた日本司法書士会連合会の中央研修所・所員という役職にも就任し、その方面でも立派に活躍しています。もうすっかり一人前ですね。
 
 神奈川県横浜市出身の田畑さんは、今後、同市栄区のご実家に戻って、自宅で独立開業することになるそうです。新規開業には逆風も感じられるこのご時世ではありますが、彼なら立派にやるでしょう。
 「あおぞら法務ネット」の卒業生として、田畑さんの今後の大いなる飛躍を心より祈念しています!



カテゴリー:太田宜邦のblog



 

RSS 新着記事一覧

© 2019 あおぞら法務ネット All rights reserved - Mobile View - Powered by WordPress and Wallow - Have fun!