東京旅行(再)、その2


2011年9月28日 / 投稿者:

 太田@あおばです。
 
 東京旅行(再)のレポートの続きです。まだ1日目のお昼(^_^;)
 
 とりあえず東京駅「東京ラーメンストリート」で昼食を済ませたわけですが、その前の段階で戸惑ったのが、「空きコインロッカーが無いこと」でした。東京駅の地下にはもの凄い数のロッカーがあるのに、お昼の時点になると、全てが使われてしまっているのですね。
 ただ、この日は「東京ラーメンストリート」に辿り着いた頃に、近くのロッカーから荷物を出される方がいて、1つだけ空いたので、運良く滑り込むことができました。
 このコインロッカー問題には、3日目も悩まされることになります……。
 
 さて、昼食後の目的地は、「三鷹の森ジブリ美術館」。
 →http://www.ghibli-museum.jp/top.html
 
 こちらは「日時指定の予約制」で、この日の14:00を予約しておりました。14:30までに入場しなければならないので、昼食を急いでいたわけですね。
 三鷹駅には14:00ちょうど頃に到着。ちょっと焦りながらコミュニティバスに乗り込み、ギリギリ14:20頃に入場することができました。
ファイル 112-3.jpg
 
 まずは「映像展示室 土星座」にて、月替わり?のジブリ・オリジナル短編アニメーションを鑑賞します。
 
 この日の作品は、「となりのトトロ」が大好きな我が娘にとってはラッキーなことに、同作品の「その後」を描いたスピンオフ作品ともいうべき、「めいとこねこバス」でした。
 →http://www.ghibli-museum.jp/welcome/cinema/004493.html
 「ネコバス」に、子どもの「こねこバス」がいて、そのお祖母ちゃんの「ネコ飛行船?」やら「ネコ列車?」やら、大小さまざまな「ネコバス」の個体があったとは……(^_^;)。
 物語としても、とてもほのぼのとしていて、完成度が高く、これだけで入場料の元は取れたな、と思えるくらいの作品でした。もちろん娘も大満足。
 
 さて、こちら「三鷹の森ジブリ美術館」の目玉展示(太田家にとって)は、「ふわふわ ボヨーン ネコバス」でした。
 →http://www.ghibli-museum.jp/welcome/others/
 館内(屋内)は一切、写真撮影が禁止なので、映像が残せなかったのが残念ですが、娘はここだけで2時間半くらいは遊び続けてたというくらい、楽しんでおりました。
 子ども限定で、ネコバスの中に入ったり、上にのぼったりできる、言ってみれば「柔らかいジャングルジム」的な遊具というイメージです。
 これで遊ぶためには、まず並んで順番を待ち、1回あたり10名くらいの子どもが呼ばれてネコバスに群がると。そして5分〜10分くらい?で並んでる子ども達と交替すると。続けて遊びたい子どもは、また並んで順番を待つと。……だいたい、そういうシステムになってます。
 ウチの娘は、たぶんこれに10回は並んだんじゃないかと思います。それでもそんなに行列が長くないので、1回並べば、次か、またその次の回には遊べる。根気よく並び続ければ、1〜2回置きに遊べるという状況でした。後半には、娘はスタッフさんにすっかり名前を覚えられて、仲良く会話したりしておりました。

 この辺が、「日時指定の予約制」であるこの美術館の良いところですね。どのコーナーに行っても、およそ「混みすぎ!」ということがなくて、安心して楽しめるとても良い施設でした。
 
 屋内は写真撮影禁止なのですが、屋外に出ると撮影OKとなるので、屋外の写真を何枚か。
 
ファイル 112-1.jpg
 屋上に佇む「ロボット兵」@「天空の城ラピュタ」。約5メートルという雄大なものです。
 正式名称が分からず、「巨神兵! 巨神兵!」と呼び続けてしまいましたが、よう考えたら「巨神兵」「風の谷のナウシカ」の方でしたね(^_^;)
 
 この「ロボット兵」の前が、この美術館公認の「記念写真スポット」となっているらしく、多くのカップル等が記念写真を撮っていました。
 そういえば、この美術館の来場者層は家族連れよりも、むしろ若い女性のグループとか、カップルが多かったですね。
 
ファイル 112-2.jpg
 やはり「天空の城ラピュタ」から。
 これも正式名称が浮かびませんでしたが、「黒い石」というそうです(Wikipedia参照)。
 この石の前で、「バルス」(滅びの言葉)とか言えばいいんだっけ?などと妻と話しておりましたが、大変なことになると困るので、止めておきました。(※「ラピュタ」のストーリーはうろ覚えなので、この辺はツッコミご容赦下さい。)
 
ファイル 112-4.jpg
 こういう軽食を出してくれるカフェも。
 「風の谷のビール」にひかれましたが、まだ陽も高いので遠慮しておきました。
 
ファイル 112-5.jpg
 「となりのトトロ」で、サツキとメイが使っていた井戸。
 実際に水を汲むには、意外に力が必要で、最初は妻も苦労していました。ここも記念写真スポットになってましたね。
 
 てな感じで、この美術館だけで日が暮れてしまいましたので、夕食のお店へと移動することに。
 レポート2回目にして、まだ1日目の夕食に辿り着かない(^_^;)。まだまだ続きます……。



カテゴリー:太田宜邦のblog



 

RSS 新着記事一覧

© 2019 あおぞら法務ネット All rights reserved - Mobile View - Powered by WordPress and Wallow - Have fun!